Information 若い力で創造を果たす 株式会社温調仙台市宮城野区日の出町二丁目2番10号
TEL.022-239-7631
FAX.022-239-7627
実績紹介
実績紹介-1 | 実績紹介-2 | 実績紹介-3
空調工事・エアコンの配管配線
◉ 実績紹介-1■現場・業務実績の全体概要(福島における工事実績)
今回お世話になっているのは、福島県における、某施設の建築現場。 現在工事中の現場における、下記建物での工事を、一部担当しています。


本工事の全体は、地場K社様が施工しておられます。
弊社は、K社の下で設備を請け負っておられるS社様より、
下記範囲の仕事を請け負っております。

■温調における業務範囲
本現場での弊社の仕事範囲は、空調工事のうちエアコン取り付け工事です。 エアコンを据え付け、さらにエアコンの配管配線を行います。 建物や部屋が複数に及びますので、機器取り付けや配管配線の状況も現時点で様々です。
例えば、下の写真の部屋は、現時点で据え付け配管配線までが終わり、内装工事を待っているところです。


また、天井の枠が終わり、仕上げ作業待ちのところ(下記写真)もあり、様々です。


工事は、設計会社様からの指示の下で行いますが、内装関連工や外装関連工との調整が、多く発生します。 それらを内装屋と外装屋との工程調整をとりながら、工事をすすめております。
■現場担当者 本工事は、入社五年目の浦波が指揮を執り、常時約三名の人員で行っています。 工期は6ヶ月との長期ですが、最後までしっかり仕上げて参ります。



実績紹介-1 | 実績紹介-2 | 実績紹介-3

◉ 実績紹介-2■仙台市内におけるオフィスビルの2F,3F部のフロア改装工事
(今日は 仙台市内における弊社施工中の現場をご案内致します。)


■温調における業務範囲
フロア改装工事ですので、全体としては壁の撤去から始まり、必要機器の入れ替え工、給水関係、電気設備関係、内装、等等、様々に至ります。今回温調で携わるのは、空調工事のうち、エアコン取り付け工事です。
エアコンを据え付け、エアコンの配管配線、を行うところまでが弊社範囲です。

ここで少し一般的な話ですが、冷暖房に代表される空調方式は様々な種類があり、それぞれに特徴があります(下図)。


図にあるように、冷暖房の設備は、熱の伝わり方により、大きく「対流式」「輻射式」「伝導式」にわかれます。
それぞれの方式において、住まいのスタイル、気候、建築計画などに応じた検討がなされ、建築設備として設計されます。温調は、一般的な対流式から、その他の方式まで様々な種類の方式において実績を積んできました。


■本現場における主な取り扱い機器と台数そして工事の特徴
今回の現場では、約30台の日立製エアコンが納入される予定です。


2ヶ月の工期の中、空調以外の工事業者さんと工程や業務の調整をとりながら、業務をすすめていきます。 改装工事のうち解体部の撤去が終わった段階で、温調は現地に乗り込み。状況確認の後、部材の調達から仕事の開始です。


室内機の設置においては、1台ずつに壁をぬきながら、室外機への配管をつなぎこみます。


■現場担当者
本現場の担当は入社三年目の小林です。他社にて営業経験を積んだ後、温調では現場工を担当するようになりました。営業当時の実績を生かし、お客さまの気持ちを理解しながらも、職人仕事に情熱を注ぎます。
これからもよろしくお願いいたします。



実績紹介-1 | 実績紹介-2 | 実績紹介-3

◉ 実績紹介-3■仙台市内ビル事例(仙台市における工事実績)
さて、今回ご紹介する案件は、某オフィスにおける、エアコンの入れ替え工です。


周辺は狭い路地で、建物と建物の間にありますので、室外機の設置に重機や機械が使えません。
このような場合には、工夫をこらしながら人手で搬入も行います。


また本現場は、お客様のご都合により、お仕事中の現場にお邪魔しながらの工事を行っています。同様の工事を行う場合、多くの現場は休日に実施されますが、お客様のご要望は様々。今回のように、今すぐやりたい!という場合には、平日工事の対応も行います。

そしてこのような場合には、施工にも養生にも十分な配慮の上行っていきます。平日、オフィスで事務のお仕事を皆さんがされている中ですので、事務作業に気遣いながらの施工です。


■現場担当者
本現場の担当は、ベテラン課長の鈴木です。
様々な方式の空調工事に関わってきたスペシャリスト。お客様のご要望に応え、あらゆる技術対応を行っています。
これからもよろしくお願いいたします。


◉ オフィスの空調環境のこと
本現場、空調の入れ替え工事なのですが、そもそもオフィスにおいてエアコンの入れ替えが行われるのはどんなきっかけで行われる事が多いのでしょうか。
もちろん、機器自体の故障や不具合は大きなきっかけです。それ以外にも、人の感覚が変化や、機械が古くなった事等で空調機器に求められる能力が変化したから、なんて事もあります。

ここに、ある統計資料があります。
「ビジネスマン、OLに聞いた冬のオフィスの空気環境は?」
※「現代人の空気感調査  ダイキン工業HPより」

ダイキン工業株式会社様が実施された調査で、その空気環境が仕事の成果や効率にどのような影響を与えているのか、また風邪や花粉症のシーズンに向けたオフィスの空気の理想的なあり方などについて、聞かれたものです。

この統計を見ると、オフィスの空調には、まだまだ不快感を持っておられる方が多いようです。オフィスの空気環境に関して不快に思うことがあるかを聞いたところ、「ひとつもない」はわずか6.4%にすぎず、 9割以上が“不快を感じているようです。

オフィス空調環境の善し悪しが即企業業績、と因果関係が成り立つわけではありませんが、相関関係があることは見て取れそうです。

温調では、この空調環境に関わる工事を年間通じて、かなりの数の実績がございます。空調に関してお困りの事やご検討中の事ががあられれば、何なりとお声がけ下さい。